読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔のわたしに。

卑屈の塊なわたし。いつか自分の思い描く、素敵な女性になるために。

さぁ、行こう。

新しい毎日が始まる。 私ならきっと大丈夫。 こんな弱虫でも 今までも色んなこと、乗り越えてきたんだから。 広がる雨上がりの空に 僕の明日が見えた

輝ける日。

晴れろ心。 この空のように青く。 私なら大丈夫。 私はとても強いから。 遠く遠く離れていても 僕のことがわかるように 力いっぱい輝ける日を この街で迎えたい

春の青。

海が恋しくなって行ってきた。 綺麗な 春の青。 少し曇ってたけど綺麗だった。 ちゃぽん。 やっちゃった‥‥。 細い道を挟んで向こう側は賑わう市場。 でも今、ここは 静かな場所。 雲間の光。 俯いてばかりいられないな。

あの海。

仕事で沖縄に住んでた友達が 出世して地元に帰ってきたらしい。 聞けば、誰もが知っている企業のすごいポジション。 同い年とは思えない程尊敬。 私の元気が無いと、 『海好きなんだろ?これ見て元気出せ』っていつも綺麗な写真を送ってくれた。 心が洗われ…

はな。

良い天気だったから 近くの川沿いを散歩した。 野花がたくさん咲いてる。 だいすきなシロツメクサ。 一つ一つがすごく大きい。 枯れてる子もたくさんいたけど、 まだまだ無数の子達が咲き誇っていた。 花なんて全く似合わない私。 周りからもそう言われるけ…

ありがとう。

だいすきな君へ まずは謝らせて下さい。 この間、素敵な写真を送ってくれたのに、何の言葉も返せず絵文字だけで返信を済ませてしまったこと、本当にごめんなさい。 木曜日に君に会えて、その時君が口にした言葉が私の中に残っていて、何の文字も送れませんで…

どうしよう。

辛くて 息ができないや。

ことばともじ。

言葉でも文字でも君を傷付けて悩ませてしまうのなら 私はどちらも送らない方が良い。 良かったんだ。これで。 君は私をきっと嫌いになる。 それでも、 もうこれ以上、私のせいで傷付くことが無くなるのなら これで良かったんだ。

今すぐに。

私がここから居なくなれば 君は君を責めることが無くなりますか? 消えたい

やっぱり。

昨日帰りに偶然見つけた君。 君の電話の相手はやっぱり奥さんだった。 わかってたけど 知りたくなかったな‥‥ 『声掛けてくれれば良かったのに。いつもの“今から帰るよ”の電話だったから』 そう言われても。 私が見たことない笑顔で 微笑みながら電話で話す君…

近くて、遠い。

帰り道。 目の前に君がいるのに 君は誰かと楽しそうに電話で話してる。 奥さんかな。 君の たからもの。 私はここにいるんだけどな。 君の名前を呼べばすぐに聞こえる距離。 今、 たった今なら、 奥さんよりも近い距離に居るよ。 気付いてほしいのに 君は笑…

恋。

いつからだろう。 急に髪を切りたくなったり 男勝りな性格の私がスカートを履いたりするようになったのは。 花の美しさも浅いところでしか見ていなかった私が 写真におさめたいと思うようになったのは。 全ては君を好きになってから。 カメラの知識なんて レ…

決して。

私は、 世界で一番幸せにならなくても良い。 君が、 世界で一番幸せで在るのなら。 でも、 世界で一番幸せな瞬間を 一緒に感じてみたいです。 厚かましい夢。 だけど、 願うだけなら罪にはならないのなら

きっと。

きっとこれで良かったんだ。 最後は君に無理を言って嫌な役をさせてしまったけれど これで良かったんだ。 『お前が変わらなきゃ周りは幸せになれない』 そう言われるような私は 君から離れなきゃいけなかったんだ。 君は‥‥いつも真剣に考えてくれた。 私はそ…

神様。

夢が叶うなら何でもします どうか 嬉しい涙が流れますように

お願いです。

拝啓 いつもお世話になっている上司の方々 私とあのひとのことを疑いたくなる気持ちは解ります。 でも、私とあのひとは 貴方たちが見たがっているような 貴方たちが面白がっているような関係ではありません。 あのひとは愛するひとの元へ帰りました。 もうあ…

春のうた。

外はこんなに晴れ渡っているのに 私の心は今日も曇りがかったまま。 暖かい風が吹くテラスに出て 君が好きなうたを歌ってみたよ。 昔みたいに上手く歌えなくて もう歳だなぁ、なんて思った。 周りから褒めてもらえるのはそれだけだったのに 思うように歌えな…

ことば。

私は自分の気付かないところで周りのひとを傷付けているらしい 友達から『あんたはナチュラルにひとを傷付けるからね』って言われたことがあるけど、 それがどんな言葉なのかわからなかった でも君に言われて気付いたよ 私は‥‥‥‥本当に何も言わない方が良い…

本当に‥‥

私、 マジで嫌なヤツ。 全然素直になれない。 可愛くない。 どうして言いたくないことばかり 文字にしてしまうんだろう‥‥ 馬鹿みたい‥‥‥‥

春の雨。

今日も君は 遠い遠い存在。 出社時に階段の下で一緒になったけれど、 目も合わせてもらえなかった。 『おはよ』 そう言ったけど、 こっちを見てくれることは無かったね。 自慢のイヤホンで大好きな音楽を聴いてたから気付かなかったのかな。 きっとそうだ。 …

イヤホン。

君が前に 『これが良いよ』 と教えてくれたイヤホン。 今日、久々に1人で出掛けるからゆっくり音楽を聴きながら歩こうと思ってたのに、 まさかそれをおうちに忘れるなんて。 1人で歩く時に音楽聴けないなんて自分の中で有り得ないから 我慢出来なくて途中で…

本当に死ぬのなら。

北朝鮮のミサイルが発射されたら、 私が住んでいるところまで五分も掛からない内に到着してしまうらしい。 本当に死んでしまうのなら、 ここに願い事を残しておく。 来世では 君と結ばれますように。

不器用。

ご飯を食べてすぐ後に パンやらお菓子やらをたくさん食べる旦那。 それを見るのはあまり嬉しくない。 唐揚げや餃子を食べる時の量が半端ないし 結構食べる方だからと思い、 今日も肉料理を多めに作っていた。 おかずが足りてたら そういうことも無くなると思…

涙。

もう君の前では泣かないとあれ程誓ったのに‥‥ 自分の馬鹿さ加減と情けなさに涙がボロボロ出てしまった。 ‥‥見られたかな。 見られたよね‥‥ ほんと‥‥いいオバサンが泣き虫なんて笑える。 ‥‥何で素直になれないんだろう 君が‥‥幸せそうに元の場所に戻ったから…

君なら。

酷い言葉を投げつけられる度 手をあげられる度 八つ当たりされる度 比べてしまう。 君なら‥‥絶対にこんなことしないのに‥‥

笑顔。

神様、 今日の私は上手く笑えていますか。 ぎこちなくないですか。 あのひとに 想いは届いていますか‥‥

上手く言えない。

そうじゃない そうじゃないんだよ そんなこと言いたいんじゃ、 そんなこと考えてるんじゃないんだよ‥‥ 言葉が出ない自分を酷く憎む ‥‥違うのに‥‥

涙。

また、今日が始まる。 実現しなかった君との会話 思い出に縋るちっぽけな私ひとり 買ってみたりした。 はは。 ‥‥さぁ、 今日も笑顔でいられますように。

桜。

泣いても 泣いても どれだけ思い返してみても 君の笑顔と幸せだった時間しか浮かばない 一緒に居たい 一緒に笑顔で居たい 叶わないとわかっていても そう願ってしまう私はバカでみっともないや‥‥ 生まれ変わったら桜になりたい 誰からも綺麗だと愛されて 美…

悪い芽。

君が好きな歌を聞けば 君と繋がっている気がした。

大切なひと。

全てのことが不器用で下手くそで何も持っていないボロ雑巾みたいな私一つのことに躓くとドミノのように全てが倒れていく愛するひとがいても結局守ることさえ出来なかったいつもヘラヘラしてる裏の顔は真っ黒な偽善者私は君が思うような人間じゃないよ褒めら…

神様。

どうかどうかどうか何も起こりませんように。どうかどうかどうか私の全てを賭けても悪い方向にいきませんように‥‥

誰か。

誰か私を必要として‥‥愛されている感覚が欲しい。大切にされている実感が欲しい。泣いてばかり。今までも、、きっとこれからも。少しでも期待した私はバカみたい。惨めで弱くて情けなくて見てらんない。欲しいものを無理に繋ぎ止めようとする私は‥‥なんて愚…

自分の夢。

本当になりたかったもの。それは作詞家。口で気持ちを伝えることが苦手な私は昔から活字が好きだった。学生時代の作文コンクール、感想文コンクールは全て入賞。だけど小論文は苦手。絵を描くのも好きだけど、風景画とかは苦手。カタチないものを描く方が好…

或る晴れた春の日に。

誰も私のことを知らない場所に行きたい。 どこか遠くの、海が綺麗な場所が良い。 寒いのは苦手だから、涼しい、くらいの日が数日あればずっと夏で良い。 海に浮かんでぼーっとして・・・ 何にも考えず、ひとりで過ごす時間が欲しい。 誰に声を掛けられること…

日曜日の憂鬱。

サザエさん症候群。もう休みが終わる。今日は仏事ごとがあり、主人側の親族が大勢集まった。美人ばかりの親族。皆優しい。でもめちゃくちゃ言うおじさん達もいる。私は全然可愛くない。美人でもない。老けてるし、産後太りどころか更に太ったし、肌も汚い。…

はじまり、はじまり。

はじめまして。私は自分に全く自信の無い、残念な30代女性です。こんなくらーい呟きを見ても誰も喜ばないし、嫌な気持ちになるかもしれませんが、悩みや悲しみを共有できたら嬉しいです。わたしのこと。◇30代 既婚 子持ち◇しがないOL◇音楽 海 甘い物 青がす…